ブライダルインナー ブログ

ブライダルインナー | ガードルの履き方

ウエディングの機会にでガードルを始めて履く方も多いと思います。
せっかくですからより美しいラインが出せるように履き方をご紹介します。

履き方というよりも整え方ですね。
ブライダルインナーのガードルの場合、長さはミディアム丈かロング丈になります。
普通に履いたら先ずは足口(裾)をお膝の方へ撫で下す感じで整えます。
足は足の付け根からお膝に向かって細くなっていますから、ガードルの足口(裾)が中途半端な位置にあると太ももの特に後ろ側はお肉が柔らかいので食い込みがちになってしまいます。
つまり、細くなる方に向かって食い込みによる段差が出ないように整えます。

次にウエストです。
ガードルのウエストゴム部分を体の一番細いウエスト部分まで引き上げます。
オヘソが隠れるくらいですね。
腰回りは意外とお肉が柔らかいので、浅いところにウエストのゴムが止まっているとウエストに段差ができてしまいす。
この、足口(裾)を撫で下ろし、ウエストゴムをオヘソの上まで引き上げることによってヒップを持ち上げる効果となります。

ヒップアップ用ガードルやお腹抑えガードルなどもあって、それぞれお腹の整え方や、ヒップアップの効果的な方法などもあります。
詳しくはまたご紹介していきますね。