ブライダルインナー ブログ

ブライダルインナー | なぜ着けるの?

先日ご来店の花嫁さんは百貨店にブライダルインナーの試着に行かれたとのこと。
『スタッフさんにドレスの写真を見せたら、このドレスにはブライダルインナーは必要ないと言われのですが、どうですか?』と、ドレスのお写真を見せていただきながご質問がありました。


見せていただいたドレスは肩から腕にかけてレースのロングスリーブでエンパイアドレスでした。
花嫁さんは『ドレスはやっぱりちゃんと着たいです!』っとおっしゃっていました。
そこで、ドレスにはなぜ専用のブライダルインナーが必要なのかを説明しました。


ドレスはバストトップポイントが普段のお洋服より1~2cm前後高めに作られています。
まずは、バストトップポイントを高く引き上げていく必要があります。
それはベアタイプのビスチェでも、お袖付きのドレスでも同じです。
専用のブラジャーが必要になります。


次に、ドレスはとっても重いです。
もちろん、重ければずれる、下がる心配があります。
それをずれないようにウエストで支えます。
支えるべきウエストの部分をずれないように安定させるにはウエストニッパー等でバスト下から腰骨までを固定させておくのです。


ドレスの着崩れを防ぐにはやはりドレス専用の下着があった方がいいですね。
またの機会にブラジャー、ウエストニッパー、フレアパンツやガードルの必要性についてそれぞれを詳しくご紹介しますね。